メケメケ

メケメケ

町工場や倉庫がひしめく運河のほとりから、セカイに向けて書き綴るブログ。

台湾では、シーラカンスが食べられます?「生きた化石」のお味は?

台湾
ども。檀原(@yanvalou)です。
今回は、久しぶりに台湾ネタです。

台湾では、シーラカンスが食べられます?「生きた化石」のお味は?

台湾へ旅行するなら、夜市に行かなきゃはじまりません。
さまざまな味覚を楽しめる夜市ですが、高雄には、なんとシーラカンスとおぼしき魚を食べさせてくれる店があります。
生きた化石」のお味は?


問題の店は半世紀以上営業している老舗!

問題の店があるのは「六合二路夜市」という高雄屈指の夜市です。

f:id:yanvalou:20180915011648j:plain

中国語ではシーラカンスを「腔棘鱼」と書くようですが、看板にはこの文字はありません。
しかしこの絵、そして「野生深海大石斑」の文字。
どう考えても「深海の生きた化石」と書いてあるような……。
「45年老店」の文字もあります。
実際には1964年創業だそうで、「45年老店」と字を9年前から書き替えていないのでしょう。
しかしインチキであったならば、半世紀も営業できるとは思えません。

なにはともあれ食べてみることにします。

 

f:id:yanvalou:20180915011657j:plain
問題の料理はスープのみ。
肉は白身で鱈のような味がしました。


こちらは台湾の離島、膨湖島の魚介専門飲食店の壁に貼られていた写真です。

f:id:yanvalou:20180915011743j:plain

シーラカンス……ですよね……?

台湾近海にはシーラカンスが食用に出来るほど生息しているのでしょうか?
謎は深まるばかりです。

f:id:yanvalou:20180915011807j:plain
ちなみに上の写真が貼られていたのははこんなお店

……と、ここまで書いて外野から一言ありました。
これはシーラカンスによく似た高級魚、クエではないか?」というのです。

だとしたら、「生きた化石の食味」という罪は犯さずに済む訳ですが、どうでしょうか。
何はともあれ、ご自身の舌で確かめて確かめてみるのも一興かも知れません。


店名:老牌過魚湯
住所:高雄市六合二路78號(六合夜市內)
営業時間:17:00~01:00