メケメケ

メケメケ

町工場や倉庫がひしめく運河のほとりから、セカイに向けて書き綴るブログ。

稲の青、農機の赤、そして高座の金屏風

ども。檀原(@yanvalou)です。

8月末に岡山まで出向いたときの記事が Web上にアップされました。

稲の青、農機の赤、そして高座の金屏風。噺家はなぜ赤磐に根を張ったのか | 岡山県赤磐市 | 「LOHAI」(ロハイ) :

lohai.jp

噺家さんをフィーチャーしたため、バカっぽさと勢いを大事にして書きました。
いつもは頭から最後まで続けてかくことはないのですが、今回はそれこそ数年ぶりに最後まで通しで書き上げています。

概ね初稿の通りの原稿なのですが、「まちおこし」というミッションがあるため、ちょこちょこ直し(というか先方からの要望)が入っています。

調べれば分かることなので書いてしまいますが、「水田のカエルを狙ってヘビが出て、山からタヌキやキツネ、アナグマ、サル、シカも降りてくるとのこと」という記述が後半に出てきます。
じつはもっと大きくて凶暴な動物、具体的に言うとクマも市境に出るそうなのですが、これは削除されました。
この件は新聞に出たので簡単に調べられます。
僕はプラスイメージで捉えていましたが、世間的にはそうではなかったようです。

f:id:yanvalou:20171011172016j:plain

また初稿の段階では、喜助師匠が赤磐に流れ着き、そのまま居着いたことを「沈没」と表現していました。流れ者であるバックパッカーがひとところに落ち着いて離れなくなることを「沈没」といいますが、それを援用した訳です。

ところが編集側から「落ちぶれたように感じるので控えて下さい」とのお達し。

雷門一門は、6代目が名人で、7代目がセコ(お粗末)、8代目(先代)が6代目の息子で巧かったので持ち直す、といった具合に揺れた歴史があります。
名古屋に移り住んで「落語界のシーラカンス」と言われた雷門福助は6代目の弟子、喜助師匠はその福助門下です。それこそバックパッカーのように「漂泊の血筋」が脈打つ一門です。

当時東京から失踪した師匠は「行方不明扱い」されており、つまりそれは「落ちぶれた」ということなのでは……と思ったりもしましたが、原稿はクライアント第一。こんなことで目くじらを立てていたら、仕事になりません。

そんなこんなで数カ所直しが入っています。
(珍しく文法上のダメ出しはありませんでした)

こんな具合に原稿の裏の部分に思いを巡らせながら読むと、ひと味ちがう読書体験が出来るかも知れませんね。

最後に記事に載せられなかった喜助師匠お気に入りのお寺「普門院」をご紹介して終わります。

f:id:yanvalou:20171011173646j:plain

今日の記事は以上です。
またのお越しを、お待ちしております!